>>プロが本当におすすめ!浄水型ウォーターサーバー3選はこちら<<

ウォータースタンドのおすすめモデルと全12モデルからカンタンで失敗しない選び方を解説

ウォータースタンドオススメ機種とカンタンな選び方

水道直結式の浄水型ウォーターサーバーで有名な「ウォータースタンド」

月額固定でおいしい水が飲み放題でたくさんの機種がラインナップされています。

とはいえ、いきなりこの中から好きな機種を選んで下さい!と言われても、わからないのが本音ではないでしょうか?

この記事では、普段は水処理の仕事をしていて浄水器ブロガーでもあるロカキヤが

  • ボトル交換型と何が違うの?
  • たくさんの機種がありどうやって選べばいいのかわからない・・・
  • 大きなものなので機種選びを失敗したくない!
  • 難しいことはわからないからカンタンに説明して!

そんな悩みを解決します。

浄水型ウォーターサーバー選びで失敗したくない人は是非どうぞ!

浄水器についてまったくわからない完全初心者の人でもわかりやすく説明しますので安心して読んでくださいね。

この記事を書いた人
  • 2007年から水をキレイにする仕事をして15年
  • 家庭用浄水器をプロ目線で調べてユーザー目線で実際に使い倒す人
  • 専門知識を活かして初心者でもわかるように解説する人

詳しいプロフィールはこちら

他社のりかえサポートキャンペーン中

目次

水道直結型サーバー「ウォータースタンド」とは?

ウォータースタンドとは

水道蛇口からホースを引っ張ってきてサーバーと接続します。

サーバー内にフィルターカートリッジが入っていて、浄水を冷やしたり温めたものを使います。

カンタンに言えば浄水器にウォーターサーバー機能がついていると言えばわかりやすいでしょうか。

ウォータースタンドはこんな人におすすめ

12機種から選べて、水の補充不要でとにかくたくさん便利に使いたい人向け

他にも水道補充型の浄水ウォーターサーバーもあります。

水道補充の手間はかかりますが、接続工事が不要で置き場所が自由なのがメリット。

詳しくはこちら→水処理のプロが本当におすすめする浄水型ウォーターサーバー3選。選び方を徹底解説

ボトル交換型サーバーとウォータースタンドの違いを比較

ボトル交換型と浄水型ウォーターサーバーの違い

費用で比較

プレミアムウォーターフレシャスウォーターワンウェイウォーターウォータースタンド
プレミアムウォーターフレシャスウォーターワンウェイウォーターガーディアン
サーバー代無料~¥1,100
(機種による)
無料~¥1,200
(機種による)
無料¥4,400
水代¥3,974
(12L×2本=24L)
¥4,992
(7.2L×4本=28.8L)
¥4,050
(12L×3本=36L)
0.2円×300L=60円
水の種類天然水天然水RO水水道水
電気代¥680¥330¥450¥150
月額料金比較

ボトル交換型のウォーターサーバーを24L/月以上使用する・しないかがコストの分かれ目になっています。

月間24Lは1日に800ml利用できる計算になります。

1日800mlは1人暮らしの飲み水だけという利用の消費量です。

家族が2人3人4人5人・・・と増えていけばいくほど消費量も増えます。

料理にも使いたい人はとても足りる量ではありません。

なので1日800ml以上は使うよ!という人はウォータースタンドの利用がおすすめです。

冷水温水の機能がいらない人は他タイプの浄水器の利用もおすすめです。

【専門家が解説】6種のおすすめ浄水器と超カンタンな選び方。初心者でも失敗しない方法4ステップ。

ロカキヤ
ロカキヤ

天然水にこだわりが無い人でたくさん使いたい人には圧倒的にウォータースタンドが良いですね。

ボトル交換型ウォーターサーバーのメリット・デメリット

メリット

  • 初期設置工事がいらない
  • ホース不要だから設置場所が自由
  • 日本全国の色々な採水地のおいしい天然水が飲める
  • 災害時の備蓄水になる

デメリット

  • 設置は自分でやらないといけない(ワンウェイ式の場合)
  • 水ボトルの交換が面倒くさい
  • ボトルの注文・受け取り・保管が必要
  • 使用済みボトルのゴミが出る
  • 水の消費が多いと費用がかさむ

浄水型ウォーターサーバーのメリット・デメリット

メリット

  • 専門の設置業者さんが施工
  • ボトルの注文・受け取り・保管が不要
  • 使用済みボトルのゴミが出ない
  • 使用量を気にしないで使える

デメリット

  • 初期設置工事が必要
  • ホースの配管が必要なので設置場所が限られる
  • 天然水が飲めない
  • 災害時には使えない

類似の浄水型ウォーターサーバーとの比較

ウォータースタンドエブリィフレシャスハミングウォーター
給水方式水道直結補充方式補充方式
初期費用9,900円なし2,200円
月額費用3,850円3,300円3,300円
電気代約150円~/月約410円~/月約475円~/月
メンテナンス料無料無料無料
フィルター交換6ヶ月ごと6ヶ月ごと6ヶ月ごと
総ろ過水量3,600L
18L/日使用可能目安
594L
3.3L/日使用可能目安
1800L
10L/日使用可能目安
解約金1年未満:6,600円
1年以上:無料
3年以上:無料
3年未満:11,000円
2年未満:16,500円
1年未満:22,000円
2年以上:無料
2年未満:16,500円
除去項目数20項目23項目21項目
各社HPへ公式HPへ公式HPへ公式HPへ
浄水器型ウォーターサーバー比較表

現時点でおすすめできる3社です。

選び方は

を基準にして選べばOKです。

詳しく知りたい人はこちら→水処理のプロが本当におすすめする浄水型ウォーターサーバー3選。選び方を徹底解説

申し込み前に確認しておきたい注意点

申込み前の注意点

ウォータースタンドを申し込む前に注意するポイントを解説します。

申込み後にこんなはずじゃ・・・とならないためにも理解しておきたいところ。

初期設置費用がかかる

初期工事費用がかかる

蛇口とサーバーをホースで接続するための工事が必要になります。

費用は¥9,900(税込み)です。

サーバーの設置位置を専門スタッフと打ち合わせの上作業を実施してもらいます。

※アイコンだけ初期設置費用がかかりません。

水道直結型のため置き場所の自由度が低い

設置の自由度が低い

水道配管や蛇口からの配線が必要なため、キッチンからすごく離れた場所への取付はできません。

目安としては蛇口から10m以内程度です。

キッチンから離れたところに設置したいという人は水道補充型(エブリィフレシャス・ハミングウォーター)の選択をおすすめします。

水道補充型の詳細はこちら→水処理のプロが本当におすすめする浄水型ウォーターサーバー3選。選び方を徹底解説

水道とサーバーを繋ぐ配線が見える

接続ホースが見える

設置工事はモールなどでキレイに見えるように設置に工夫をしてくれます。

とはいえ、見た目的に・・・という人もいると思うので水道水補充型(エブリィフレシャス・ハミングウォーター)も候補に上がってくると思います。

水道水補充型の詳細はこちら→水処理のプロが本当におすすめする浄水型ウォーターサーバー3選。選び方を徹底解説

使用期間が1年未満で解約する場合、撤去費用がかかる

撤去費用がかかる

使用1年未満での解約の場合、撤去費用は¥6,600(税込み)かかります。

使用期間が1年以上の場合は撤去費用がかからずに解約可能です。

この解約期間と価格設定は他サービスとくらべても良心的です。

月額費用を安く抑えて3年縛りで解約金が高額というところもあるので注意です。

ウォータースタンドのサービス・サポート内容

ウォータースタンドのサポート・サービス

ウォータースタンドはアフターメンテナンスが手厚いのも特長。

フィルター交換も引越し時の移設も専門スタッフが実施してくれます。

初期設置工事

前述したように専門スタッフが訪問して作業します。

作業費用は¥9,900(税込)です。

〈初回設置費に含まれるもの〉
本体の設置・初期設定・分岐水栓金具・設置部材・出張料金・廃材撤去費用

水栓からの設置距離は10m程度。圧力が出ない場合は出来ません。

なのでキッチン周りに設置する必要があります。

アフターサービス

6ヶ月ごとにフィルター交換・機器のメンテナンスを専門スタッフが実施してくれます。

おもなメンテナンス内容

作業タンク内清掃
フィルターなど消耗品の交換
水漏れのチェック
抽出口の清掃
外装の清掃
冷水・温水の温度、味・においのチェック

作業時間は30~60分程度で設置状況によって前後します。

※アイコンのみ音声ガイダンス操作に従ってフィルター交換を自分で実施します。作業時間は10分程度です。
 その代わり初期設置費用が無料になります。

電話などによるサポート

地域の専門スタッフと年中無休のサービスセンターが故障対応などのアフターサービス対応をしてくれます。

経年劣化による本体交換も無料です。

引っ越しのとき

担当者かフリーダイヤルに事前に連絡します。

フリーダイヤル:0120-032-114

受付時間:9:00~18:00 ※年中無休

機器の取り外し・原状復帰・引越し先への移動はウォータースタンドの専門スタッフが無料でやってくれます。

賃貸でも安心のサービスですね。

ウォータースタンドのサーバー全11種の選び方

ウォータースタンドの選び方

ウォータースタンドは浄水型ウォーターサーバーを取り扱っている会社の中でNo1の品揃えです。(ロカキヤ調べ)

全11種類もあり逆に迷ってしまう人も多いでしょう

それぞれのシリーズやモデルの違い、使い分け、選び方を丁寧に説明します。

共通してかかる費用

初期設置工事費 ¥9,900 (アイコン以外)+サーバーレンタル費用

あとはランニングコストとして水代と電気代。

シンプルな価格設定でわかりやすいですね。

ナノシリーズとプレミアムシリーズの違い

ナノシリーズとプレミアムウォーターの違いは水を浄化するためのフィルターカートリッジの種類が違います。

ナノシリーズ6機種 ※ナノトラップフィルター

アイコンガーディアンメイトネオトリニティナノスタンド
アイコンガーディアンメイトネオトリニティナノスタンド
特長セルフメンテナンスモデル省エネモデル最安モデルスタンダードモデルたっぷり冷水モデルたっぷり常温水モデル
月額費用¥4,400¥4,400¥2,200¥3,850¥3,850¥3,300
機能冷・温・常温冷・温・常温常温冷・温・常温冷・常温常温
月間電気代¥518¥150なし¥859¥227なし
本体の大きさ(寸法)
W:幅 D:奥行き H:高さ
W180 × D340× H385mmW230×D230×H471mmW130×D402.7×H308mmW260×D505×H500mmW260×D470×H500mmW324mm×D310mm×H1235mm
重量7.6kg10.6kg3.3kg18kg18kg13.9kg
タンク容量冷水:1.0L 温水:なし(瞬間給湯) 常温水:なし(直水)なしなし冷水:2.5L 常温水:2.5L 温水1.0L 合計6.0L常温水2.5L、冷水3.5L 合計6.0Lなし
評価
ナノシリーズ比較表

ナノシリーズは浄水フィルターにナノトラップフィルターを使用しているのが特長です。

ナノトラップフィルターとは

静電気の力で不純物を吸着するフィルター。

NASAが技術特許を保有するナノアルミナ繊維を素材としています。

微細なウイルスや塩素消毒では死滅しないとされる病原性微生物も除去することが可能

浄水能力は下記20項目あって能力的には申し分なし。

正直通常利用であればナノシリーズで十分な性能です。

遊離残留塩素総トリハロメタン
クロロホルム2-MIB (2-メチルイソボルネオール)
ブロモジクロロメタンCAT (2-クロロ-4,6-ビスエチルアミノ-1,3,5-トリアジン)
ブロモホルム溶解性鉛
トリクロロエチレンジブロモクロロメタン
テトラクロロエチレン濁度
陰イオン界面活性剤ジェオスミン
フェノール類1,2-DCE(シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレン)
ベンゼンアルミニウム(中性) 
鉄(微粒子状) 四塩化炭素 
ナノシリーズ除去物質

プレミアムシリーズ6機種  ※ROフィルター

S3ステラネオス2L2ROスタンドROスタンド(クール)
S3ステラネオス2L2ROスタンドROスタンド
特長スタンダードモデル除菌水で衛生管理アップ高機能モデル最安モデル大容量モデル法人向けモデルたっぷり常温水モデル
月額費用¥5,280¥6,050¥3,300¥7,150¥8,250¥7,700
機能冷・温・常温冷・温・常温常温冷・温・常温冷・温・常温冷・常温
電気代¥656635円なし¥1,072¥1,004¥1,004
本体の大きさ(寸法)
W:幅 D:奥行き H:高さ
W260×D483×H510mmW260×D530×H500mmW192×D430×H434 mmW260×D448×H1150mmW310×D490×H1,257mmW310×D490×H1,257mm
重量17.3kg18kg4.9kg29.0kg37.3 kg34.4 kg
タンク容量冷水:1.0L 温水:なし(瞬間給湯) 常温水:なし(直水)なしなし冷水:2.5L 常温水:2.5L 温水1.0L 合計6.0L常温水2.5L、冷水3.5L 合計6.0Lなし
評価
プレミアムシリーズ比較表

RO膜フィルターを利用したウォーターサーバーモデル。

RO膜とは水分子以外は通さない超微細な穴がありたフィルターです。

ミネラル分も除去するので物足りないと感じる人もいるかもしれません。

乳児のミルク作りなどで水の安全性を重視したい!という人向けですね。

デメリットは廃棄水が5~7割出てしまうこと。

1L浄水すると飲めるのは500~300ml程度です。

RO水の詳細はこちら→【超わかりやすく】RO水(逆浸透膜水)が作れる浄水器は?天然水との違いは何?

ウォータースタンド実際の選び方

ウォータースタンドの実際の選び方

①ナノシリーズかプレミアムシリーズを選択

各シリーズの違いは水を浄化するフィルターの違いです。

ナノシリーズはナノトラップフィルターで不純物20項目を除去する性能を持っています。

プレミアムシリーズはROフィルターで水分子以外の不純物を除去できる最高性能のフィルターを採用。

通常の用途であればナノシリーズで問題ありません。

乳児のミルク作りや水の安全性にトコトンこだわりたい人はプレミアムシリーズもありですね。

月額費も考えると、正直個人的にはナノシリーズで十分だと思います。

②温水・冷水・常温水のどこまでの温度機能が必要かを選択

ウォータースタンド温度機能

ウォータースタンドの温度機能は下記3タイプに分かれます。

①常温水→電気代無料で安価、料理や薬を飲むのに使用。
②冷水・常温水→お水を沢山使いたいけどお湯はいらない人向け
③温水・冷水・常温水→全部楽しみたい人向け

日常の用途に合わせて選ぶのがいいですね。

個人的には浄水型ウォーターサーバーをつけるのであれば③温水・冷水・常温水のすべて楽しめる方がいいかなと思います。

③省エネ性能から選択

ウォータースタンド電気代

省エネ性能が高いと電気代が安くすみます。

しかし、デメリットもあります。

出湯までの待ち時間がかかるのでこのへんを許容出来るかどうかを確認してください。

その代わり電気代が安く済む

省エネ性能が高い機種

  • アイコン
  • ガーディアン

たくさん使用すればするほど電気代の差は効いてきます。

月額費用の他にもランニングコストの電気代も確認しておきましょう。

水道直結工事が出来ない場合はエコサーバー

基本的にウォータースタンドは水道と接続して使用するサーバーです。

どうしても水道近くに設置出来ないという場合にはエコサーバーがあります。

タンクへ汲んだ水を上部のサーバーへ送り込むシステムです。

対応機種は「ネオ」と「トリニティ」だけです。

レンタル費用も月額費用+¥1,100追加でかかります。

エコサーバーに関しては正直おすすめはできません。

エコサーバーを使うのであれば水道水補充型のエブリィフレシャスかハミングウォーターをおすすめします。

水処理のプロが本当におすすめする浄水型ウォーターサーバー3選。選び方を徹底解説

ロカキヤ一番オススメのモデルはどれ?オススメは「アイコン」

アイコンおすすめ
アイコンの取扱説明書はこちら

ロカキヤ的に一番オススメはどれ?と聞かれたら「アイコン」です。

一番のメリットは初期費用が無料なんです。

初期費用の¥9,900が、かからないのはかなり大きな差になります。

アイコンガーディアンネオ
アイコンガーディアンネオ
特長初期費用無料モデル省エネモデルスタンダードモデル
初期費用無料¥9,900¥9,900
月額費用¥4,400¥4,400¥3,850
月間電気代¥518¥150¥859
合計¥4,918¥4,550¥4,709
主な違い唯一初期費用が無料のモデル。
デメリットは自分でフィルター交換をしなければいけない。
電気代が少ない省エネモデル。
デメリットは抽出時に待ち時間あり
冷水:2.5L 常温水:2.5L 温水1.0L 合計6.0L
待ち時間
180ml
なし冷水:約10秒 常温水:約9秒
温水:中/約38秒 低/約30秒 (準備時間含む)
なし
評価
ナノシリーズ比較表

月額費用比較

アイコン¥4,400+¥518=¥4,918
ガーディアン¥4,400+¥150=¥4,550
ネオ¥3,850+¥859=¥4,709

アイコンとの月額費用を比較

  • ガーディアン:¥368安い
  • ネオ:¥209安い

初期費用分を安くなった月額費用でまかなう月数

  • ガーディアン:約27ヶ月(2年3ヶ月)
  • ネオ:約47ヶ月(3年11ヶ月)

つまりこれだけの月数利用してやっと初期費用を上回ることが出来ます。

それだけ初期費用無料のインパクトは大きいんですね。

とはいえ、デメリットもあります。

それは「セルフメンテナンス方式」を採用していることです。

セルフメンテナンス方式とはフィルター交換等のメンテナンスを自分で実施することです。

セルフメンテナンス内容

  • 6ヶ月ごとに交換用のフィルターカートリッジ
  • 1年ごとに流路モジュール

実際の作業内容は動画で確認してみてください。

いかがでしょうか?

思ったよりもカンタン!という人や、ちょっと不安・・・と思う人もいるかもしれません。

不安だから専門スタッフにやってもらいたい!という人はこちら→ウォータースタンド(公式へ)

これなら出来そう!という人はこちら→「アイコン」の申込みページ(公式へ)

ウォータースタンドのよくある質問

通常の浄水器との違いは?
浄水を冷やしたり温めたりする機能があるかどうか。すぐに冷水や温水が使えて時短につながる特長があります。
設置工事は賃貸でも可能?
原状復帰もカンタンな工事なので取付可能です。もちろん引っ越しに伴う移設費用も無料。
とはいえ、心配だという人やオーナーからダメだと言われているなどやむを得ない事情がある場合は工事が不要な浄水型ウォーターサーバーがあります。(ハミングウォーターエブリィフレシャス
赤ちゃんのミルク作りに使える?
もちろん使えます。ナノシリーズでも十分な浄水能力ですがもっと安心感が欲しいという人はプレミアムシリーズをおすすめします。最高級のフィルター性能です。
ウォータースタンドの解約手順は?
①ウォータースタンドのコールセンターに電話をかける
 電話番号:0120-032-114
 営業時間:9時00分~21時00分(年中無休)
②オペレーターとサーバー返却日程の打ち合わせをする
③解約の連絡をした日の7日後~30日以内に返却をする
④返却日に作業員撤去作業をしてくれます

まとめ ウォータースタンドは水の補充不要で料理等たくさん便利に使いたい人向け

ウォータースタンドは天然水にこだわりが無く、おいしい浄水を便利に沢山使いたい!という人にピッタリです。

初期費用は¥9,900(アイコン以外)

実際の選び方は下記の通りです。

  1. ナノシリーズかプレミアムシリーズを選択
  2. 温度機能を選択
  3. 省エネ性能から選択

機種はたくさんありますが選ぶポイントはこれだけです。

ウォータースタンドはシンプルな料金体系になっていて割りと理解しやすいと思います。

他社のりかえサポートキャンペーン中

他にも水道補充型の浄水ウォーターサーバーがあります。

水道補充の手間はかかりますが、接続工事が不要で置き場所が自由なのがメリット。

詳しくはこちら→水処理のプロが本当におすすめする浄水型ウォーターサーバー3選。選び方を徹底解説

他にも質問・相談があればこの記事のコメント欄か下記SNSでDMいただければ回答いたします。

この記事を書いた人
  • 2007年から水をキレイにする仕事をして15年
  • 家庭用浄水器をプロ目線で調べてユーザー目線で実際に使い倒す人
  • 専門知識を活かして初心者でもわかるように解説する人

詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)