【コスパ最高のアナログ式!】お風呂・プールの残留塩素濃度はDPD法の測定器で測定する。

[現役ろ過機屋がおすすめ]残留塩素濃度はDPD比色で測定する。コスパが良いのはアナログ式! レジオネラ症対策
スポンサーリンク

残留塩素管理のための残留塩素濃度計ってどれがいいんだろう?

塩素濃度が測りやすい方がいいなぁ・・・

普段の業務で残留塩素濃度を測るときに重視するところはどこでしょうか?

ロカキヤ
ロカキヤ

安くて簡単ではないでしょうか?

この記事でわかること
  • 安価な残留塩素濃度計がわかる
  • 測定方法が簡単な残留塩素濃度計がわかる
  • 現場目線でおすすめの残留塩素濃度計がわかる

残留塩素濃度の測定は一般的にDPD法によって測定をします。

DPD法とは

  • 測定水に試薬を投入して、比色によって残留塩素濃度を測定する方法

薄い桃色~濃い桃色に変色するのでそれを読み取ります。

デジタル式(機械が色を読み取ってくれる)のものと

アナログ式(自分の目で色を読み取るのものがあります。

この記事では、水処理関係の会社に14年勤めている私が

普段仕事で残留塩素濃度計を色々使ってきた経験から

おすすめの残留塩素濃度計を解説します!

記事を書いている人(ロカキヤ

  • 水処理業界で14年以上在籍
  • 取得資格:2級管工事施工管理技士、第2種電気工事士
  • ろ過機器の設計から保守点検まで幅広く経験
  • 仕事で得た知識をわかりやすく解説

わかりやすくが
モットーです!

まずは結論から。

ロカキヤ
ロカキヤ

おすすめはアナログ式です。

理由を説明しますね。


アナログ式残留塩素濃度計のメリット・デメリット

メリット

  • 測定者が色の判別が出来れば、長く使えるためコスパがいい
  • 測定結果がすぐわかる
  • 操作が簡単(試薬を入れて混ぜるだけ)
  • 価格が安い

デメリット

  • デジタルよりも測定値はおおまか

デジタル式残留塩素濃度計のメリットデメリット

メリット

測定値が細かく出ます
小数点第二位まで測定出来るので精密に測りたいという方には向いています。
また、色の見分けがつきにくいような、色覚異常がある方には助けになります。

デメリット

  1. 読み取りが機械のため、故障によって測定値が正しく出なくなってしまう事がある。
  2. 測定完了まで時間がかかる30秒程度放置
  3. アナログと比べると操作が難しい
  4. 価格が高いものが多い

上記から、浴槽水の残留塩素濃度測定ではデジタル式まではいらないかなぁと思います。

特にプールや浴槽の塩素濃度は0.4~1ppm間で維持するため
細かな数値(少数点第二位)まで測定する必要はありません

そのため、デジタルのメリットでもある正確な数値まで求めなくてもいいと考えます。

とはいえ、細かな数値・正確な数値まで測定する必要があるよ!
という方はデジタルも選択肢の一つになると思いますので
使用用途に応じて使い分けるといいです。

ロカキヤ
ロカキヤ

デジタル式は細かな数値が分かる。

オススメのアナログ式残留塩素濃度計 ロビボンド製・柴田化学製

私が普段実際に仕事で使用しているのはロビボンド製のアナログ式残留塩素測定器です。
理由は上記でも説明した通り、使用が簡単でスピーディーなところです。
中の円盤をクルクル回して比色測定します。

実際の使用方法

試験管に採水をする。

その試験管内に試薬(錠剤)を投入する。
入れた瞬間に色が変わります。
※濃度が高すぎる場合は一瞬色が変わってすぐに透明に戻ります。

試薬を投入した水の色を見比べて濃度を判断する。

と非常にシンプルです。

ロビボンド製遊離残留塩素濃度計(遊離残留塩素濃度のみ測定出来ます)

実際の内容物です。

遊離塩素濃度測定DPD試薬No.1(上記用試薬)

遊離残留塩素濃度測定器(PH値も測定出来ます)

比色のためのディスクを入れ替えるだけなので使用が簡単です。

上記が実際のPHディスクです。

このディスクを交換して使います。

もっと簡単でシンプルな測定器は柴田化学製

お客さんの使用率No1はこの柴田化学製の残留塩素濃度計です。

 
これは上記で説明した円盤クルクルさえも省略した超シンプル仕様です。
使わせてもらったことがありますが使いやすいです
価格はハンナ製の残留塩素測定器よりは若干高いですが簡単でおすすめです。
 
ロカキヤ
ロカキヤ

正直、個人的にはこっちの方がシンプルでおすすめです。

採水試験管が破損したときや予備として試験管のみでも購入可能です。

 

デジタル式DPD測定器はハンナ製デジタル式残留塩素濃度計

普段は使っていないのですがお客さんに借りて使用したことがあります。

自分で読み取る必要は無いですが測定結果が出るまで少し測定時間分(30秒程度)待たないといけないのがネックです。

※小数点第二位(0.0□)までわかるので精度が必要な場合はデジタルを購入するべきです。

まとめ:残留塩素濃度計はアナログ式がおすすめ。ただし、求める精度に応じて選ぼう。

お風呂やプール等の残留塩素を測定する場合は小数点第一程度までわかればいいためアナログ式をおすすめします。

正確に小数点第二位まで測定したいという用途であればデジタル式がいいです。

管理人
管理人

求める正確さによって選ぼう。

お風呂やプールの残留塩素濃度測定はアナログ式で十分です。

残留塩素濃度記録表(PDF形式) ご自由にお使い下さい

管理人
管理人

私が自作した残留塩素濃度記録表です。ご自由にお使い下さい。

PDFファイルでダウンロード出来るのでコピーして日常の管理にお役立て下さい。

次亜塩素酸ナトリウム(塩素)は産業廃棄物。ネットでお得に廃棄しよう。

塩素は産業廃棄物なのでその辺に捨ててはいけません。
参考記事 【その辺に捨てたら捕まる!】次亜塩素酸ナトリウム(塩素)の有効期限と廃棄方法【ネットでお得に産廃処理依頼】

まとめ記事 【初心者向け】レジオネラ属菌の対策・解消方法【水のプロが解説】

コメント

タイトルとURLをコピーしました