【時短技!使わないと損!】塩素スケールの除去と詰まり解消にはサンポールがオススメ!

【時短技!使わないと損!】塩素スケールの除去にはサンポールがオススメ! レジオネラ症対策
スポンサーリンク

塩素スケール除去にはサンポールをオススメします!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2-4.png

塩素管理で厄介な存在の一つにスケール化がありますよね。

細かな部品に付着して動きを妨げたり、詰まりの原因になったりと管理していて大変です。

塩素のスケールって取ろうと思ってもなかなか取れずらいですよね?

この記事では、一生懸命こすらなくてもいい比較的簡単にスケール除去する方法を説明します。

結論から言いますと

管理人
管理人

塩素スケール除去にはサンポールを使うと楽!

これを使えば塩素スケール除去の大変な労力と時間を少なく出来ますので参考にしてください!

何故スケール化するの?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3-4.png

まずは、そもそも何故塩素がスケール化してしまうのかを説明します。

これは塩素がカルシウムやマグネシウム成分に反応して塩素がスケール化してしまいます。

そのため、希釈する水や注入対象の水の水質により塩素スケール化するかどうかが決まります。

カルシウムやマグネシウム成分の多い水質の井水(井戸水)や

上水(水道水)を使っているところでは塩素スケール化しやすいです。

地域によっても水質が違ってくるため、スケールしやすいところと

全くしないところが出てきます。

井水(井戸水)よりは上水(水道水)の方がカルシウム・マグネシウム分が

少ないことが多いため、現在井水(井戸水)で塩素を希釈しているところ

上水(水道水)に切り替えてみるとスケール化しにくくなるかもしれません。

付着してしまった塩素スケールの除去にはサンポール!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5-3.png

希釈倍率の変更をしても出来てしまうのが塩素スケール。

管理者のみなさんは塩素スケールが出来てしまった場合

水洗いしながら工具でガリガリしていませんか?

結構頑固なんで時間かかっちゃうんですよね。

機器を傷つけるかもしれないし・・・

そこで活躍するのが「サンポール」です!

そう、ホームセンターやドラックストアで売っている。

トイレ掃除でよく使いますよね。

実際の使い方を説明していきます。

実際のやり方を説明

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6-3.png

除去したい部品をサンポールを入れた容器(タッパ等)の中にボチャん。

入りきらないような大きなものであればキッチンペーパーに浸み込ませて

塩素スケールを除去したい部分に被せる。

こうするとシュワシュワ反応が見られると思います。

サンポールで反応→水洗い→軽くこする→固くなってきたらサンポールへ投入

これの繰り返しでかなり取れやすくなります。

これは塩素がアルカリ性でサンポールが酸性のため反応して

取れやすくなっています。

ただ、一つ注意点があります。

注意!これだけは絶対にやらないで!危険です!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7-2.png

①塩素とサンポールは絶対に混ぜない!

塩素ガスという人体に有毒なガスが発生するからです。

「混ぜるな危険」です。

なのでサンポールに部品を付けるときはよく水洗いしてから実施してください。

②酸に弱い(金属等)の素材に使用しないで下さい。

腐食の原因となるため酸に弱い素材には使用しないでください。



塩素スケールに他の対策はあるの?

他の対策は希釈倍率の変更があります。

これは下記記事で詳しく書いているので参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました