【初心者向け】レジオネラ属菌の対策・解消方法【水のプロが解説】

レジオネラ症対策
スポンサーリンク

レジオネラ属菌ってどういうもの?

レジオネラ属菌の予防方法はあるの?

レジオネラ属菌が発生した場合の解消方法はどんなものがあるの?

という疑問に私、ロカキヤが初心者でもわかりやすく解説していきます。

記事を書いている人(ロカキヤ

  • 水処理業界で14年以上
  • ろ過機器の設計から保守点検まで幅広く
  • 仕事で得た知識をわかりやすく解説

わかりやすくが
モットーです!

レジオネラ属菌については日常生活で関わることがないので

初めて関わる方にとってはちんぷんかんぷんではないかと思います。

いざネットで検索しようとしても情報が点在していて調べるのも大変ではないでしょうか?

私も調べることがあるのですが毎回骨が折れます。

そこで、自分も面倒だと思うのであれば他の管理者も同じく

困っているのではないかという思いで書きました。

このような方向けの記事
  • 銭湯、スーパー銭湯の入浴施設の管理者
  • 老健施設の入浴管理者
  • 温泉施設等の入浴施設管理者
  • スポーツクラブの入浴管理者

1人でも、1施設でもレジオネラ症の被害にあわないためにこの記事が役に立てば嬉しいです。

この記事を見るメリット
  • レジオネラ属菌についての知識をまとめて読めるので時間の節約になる
  • 実際の現場での知識を入れ込んでこのまとめ記事を書いており現場感がある。
  • レジオネラ属菌が万が一出てしまった場合にも落ち着いて対処出来る

レジオネラ属菌・レジオネラ症とは?

レジオネラ属菌は自然界に生息していて、水中で増殖して人へ感染します。

レジオネラ属菌に感染すると「レジオネラ肺炎」が発症する。

適切な治療を行わないと命に関わることも。

レジオネラ属菌で汚染された水を吸い込むことで感染する。

レジオネラ属菌の対策法
  • こまめな清掃
  • 塩素を使った消毒

生物膜(ぬめり)内は塩素の効果が弱くなるため、定期的な生物膜の除去が必要。

機器や配管内は手が届かないので、高圧洗浄機や配管洗浄剤での生物膜除去が必要。

高齢者や子供といった抵抗力が弱い人がかかりやすいため注意が必要

参考記事 【厚生労働省の情報を要点まとめで解説】レジオネラ症・レジオネラ属菌とは

浴槽の塩素・濾過機管理要領について

  • ろ過装置と循環配管内は週1回消毒
  • 砂濾過の場合は逆洗洗浄作業を週1回実施
  • ヘアキャッチャは毎日清掃
  • 塩素濃度は0.4~1.0ppmに維持する
  • 塩素濃度管理記録は3年以上保管する
  • 循環配管洗浄は年1回実施

他にもアルカリ性の泉質の場合は塩素以外も併用する(オゾン殺菌やモノクロラミン消毒)

詳細は下記記事で解説しています。

参考記事 [初めて管理する方へ]浴槽塩素・濾過機の管理要領についてわかりやすく説明します[2020年最新版]

塩素投入量と中和剤投入量の計算式・計算フォーム

  • 塩素濃度を上げたい場合に入れる塩素の量
  • 塩素の濃度を下げたいときに入れる中和剤の量

それぞれ計算式を利用して出せるけど下記計算フォームを使えば面倒なことはしなくてOKです。

スマホでブックマークしておいてもらえれば時間の節約になります。

ロカキヤ
ロカキヤ

業務の効率化の役に立ててもらえれば!

参考記事 計算フォーム

DPD残留塩素濃度測定器は使用用途に応じて選ぶ。コスパが良いのはアナログ式

残留塩素濃度の測定は簡単な方がいいですよね?

そして、安く手に入ればさらに良し!

ロカキヤ
ロカキヤ

そんな都合のいいものあるわけ・・・あった!

ということで浴槽やプールの塩素濃度測定にはアナログ式の測定器をおすすめします。

使い方は簡単!

測定器セット内容

採水して

試薬を入れて

色の変化で比色測定します。

めちゃ簡単。

小数点第二の数値も正確に測定したい場合はデジタル式の方をおすすめ。

お風呂やプールであればアナログ式で問題なし!

ロカキヤ
ロカキヤ

さらに詳しいことを知りたい方は下記記事で解説しています。

参考記事 【コスパ最高のアナログ式!】お風呂・プールの残留塩素濃度はDPD法の測定器で測定する。

塩素注入ポンプは「品質のタクミナ」か「コスパのイワキ」の2択

現在、塩素の管理をする上で欠かせない塩素注入ポンプ。

固形や粉末の塩素を使用しているというところもありますが

現状、塩素注入ポンプで浴槽循環配管に点滴注入する方法が一般的です。

塩素注入ポンプを使うメリット
  • 細かな濃度調整が可能
  • 入浴者がいても塩素を注入可能

塩素注入ポンプといっても色々なメーカーが出していますが

老舗の大手2社からお好みに合わせて選ぶのがいいです。

結論を書いちゃいます。

これだけです。

ロカキヤ
ロカキヤ

迷ったらこの2社から選べば間違いなし。

詳しくは下記記事で解説しています。

参考記事 【この2択でOK】浴槽・プール向け塩素注入ポンプは「品質のタクミナ」か「コスパのイワキ」を選ぶべき!【現役ろ過機屋が解説】

自動塩素管理装置で楽して業務効率化

塩素注入ポンプでの塩素管理ではある程度の経験則が必要になります。

入浴人数や気温、天気によって塩素の消費量が一定ではないためです。

こまめに塩素濃度を測定して塩素注入量は覚えていくもの。

とはいえ、日常の業務で多忙な方は細かな調整が負担になっていると思います。

面倒な塩素管理を簡略化してくれるのが自動塩素管理装置なんです。

目標濃度を設定しておけば自動的に塩素注入ポンプのONOFFを切り替えてくれます。

そのため

  • 入浴者に応じて注入量の調節する必要なし
  • 熟練管理人がいらないので人件費が削減出来る
  • 引き継ぎ業務も楽になる

その一方デメリットもあります。

ズバリ!お金です。

設置費用も含めると50~70万はかかるかなという感じです。

その他、メンテナンス費用や消耗部品の交換費用等が別途かかってきます。

ただ、導入すると日常の塩素管理が格段に楽になるので人経費や業務の効率化を考えると検討の余地はあるのではないでしょうか?

参考記事 [人件費削減]プール・浴槽の塩素管理は自動塩素管理装置を使って業務の効率化

塩素濃度が上がらない時の原因10選

  1. 薬液注入ポンプのガスロック(エア噛み)
  2. サイホン阻止弁の詰まり
  3. ブレードホースの詰まり
  4. サクション側(吸い込み側)のストレーナの詰まり
  5. 薬液注入ポンプ部品の詰まり
  6. 薬液注入ポンプ部品の劣化(ゴム部品等)
  7. ろ材(砂・フィルターカートリッジ)の詰まりや汚れ
  8. 水のPH値がアルカリ性。(温泉の場合はアルカリ性の泉質)
  9. 薬液注入ポンプのタイマー不良
  10. 自動塩素濃度制御の場合は自動塩素濃度管理装置不良

塩素注入不良でよくある原因は「塩素スケールによる固着」です。

塩素スケールはサンポールで除去が可能なので是非試して見て下さい。↓↓

参考記事 【時短技!使わないと損!】塩素スケールの除去と詰まり解消にはサンポールがオススメ!

塩素スケールは希釈する水の水質によってスケールしやすいかどうかが分かれる。

そのため、希釈倍率を低くする(水の量を少なくする)と塩素スケール化しにくい事例があります。↓↓

参考記事 [塩素スケールの固着・詰まりで悩んでいる方へ]塩素の希釈倍率を低くすると効果的!

レジオネラ属菌検査について・検査機関について

レジオネラ属菌が浴槽内で増殖していないかを定期的に検査しなければいけません。

検査頻度は年2回以上(濾過機使用箇所)

検査場所は全国の薬剤師会や民間の検査機関でも出来ます。

検査方法は検査採水容器を借りてきて浴槽水を採水して持ち込む。

ロカキヤ
ロカキヤ

レジオネラ属菌採水容器です。

レジオネラ属菌の検査結果が出るまで約1週間かかります。

価格は10,000円前後(検査機関による)

検査合格基準値は「10CFU/100ml未満

参考記事 【現役ろ過機屋が解説】レジオネラ属菌検査のやり方・頻度・検査が出来るところについて解説

もう一つのレジオネラ属菌対策!モノクロラミン消毒。

アルカリ性の泉質の温泉では塩素濃度が上がりにくいという悩みがあると思います。

そこで、アルカリ性の温泉水の消毒に非常に効果的なのがモノクロラミン消毒です。

塩素との併用でレジオネラ属菌対策がより効果的になります。

モノクロラミン消毒は「フリップフラップ」という製品が使いやすいです。

A剤とB剤に分かれていて浴槽に入れて溶かすだけ。

中和も排水も必要なしでそのまま入浴出来ます。

  • 塩素消毒の目的
    →レジオネラ属菌の活動を止める
  • モノクロラミン消毒の目的
    →レジオネラ属菌の巣窟であるアメーバの活動を止める(増殖出来なくなる)

それぞれ、効果が違うので併用して使用するのが一番効果的。

もちろんアルカリ性でなくても予防効果があります

業務用製品(特殊用途) | 株式会社ピュアソン
洗剤OEM・除菌水OEM・消毒/消臭剤OEM・コロナ等のウィルス対策のことなら国内トップ企業の株式会社ピュアソン。大手企業向けオリジナル製品開発、OEM実績多数。

何故アメーバの活動を止めると増殖出来なくなるのかといった詳細解説は下記記事でしています。

参考記事 【簡単に実施出来る】レジオネラ属菌対策にはモノクロラミン消毒!特徴とやり方を徹底解説

レジオネラ属菌が出た場合の対処法

色々対策はしているけどレジオネラ属菌が出てしまった場合どうすればいいか。

まず初めに、適切な対策をしていてもレジオネラ属菌が出てしまうことはあります。

焦らずに、まずは管轄の保健所へ報告です。

そして、止む得えない場合を除いて、浴槽の使用を中止して下さい。

その後は、レジオネラ属菌の除去が必要。

濾過循環配管とろ過装置の洗浄が必要になりますが下記のような方法があります。

さらに、洗浄後に高濃度塩素殺菌も併せて実施すると効果的です。

詳細は下記記事で解説しています。

参考記事 [現役ろ過機屋が解説]レジオネラ属菌が出た場合の対処の流れと対策法

自宅の追い焚き風呂でもレジオネラ属菌対策が必要

ここまでは大人数が入る浴槽向けに解説してきました。

皆さんのご家庭のお風呂は追い焚き式でしょうか?

その場合、追い焚きの配管内にもレジオネラ属菌がいます。

小さいお子さんや年配者がいるご家庭では特に注意が必要。

対策法は

のどちらかの実施をおすすめします。

正確性を求めるのであればいつも作業をしている

専門業者さん(たった3分でハウスクリーニングを予約!【おまかせマイスター】 )にお願いするのがおすすめです。

詳細は下記の記事で解説しています。

参考記事 【濾過機屋歴14年が解説】自宅の追い焚き式風呂の配管洗浄はやるべき!【大切な人を守るために】

家庭用ビニールプールも塩素でレジオネラ属菌対策をするべき

小さなお子さんがいる家庭では夏場に活躍するのはビニールプールではないでしょうか。

子どもたちも喜んでバシャバシャと激しく遊ぶと思います。

天気のいい日に使うと思います。

こういう環境はレジオネラ属菌が繁殖しやすいです。

1~2人で使用して使用後すぐに排水する場合は水道水に含まれている塩素があるので

塩素消毒の必要性は少ない。

ただ、

  • 3人以上の大人数で集まり遊ぶ場合
  • 使用後排水せずに何日も使い回す場合

このような場合は感染リスクが高まるため塩素を入れて消毒が必要です

詳細は下記記事で解説しています。

参考記事 [水処理業界14年のプロが解説]家庭用ビニールプールに塩素は入れるべき。おすすめの塩素も紹介。

コメント

タイトルとURLをコピーしました