[塩素スケールの固着・詰まりで悩んでいる方へ]塩素の希釈倍率を低くすると効果的!

次亜塩素酸ナトリウム(塩素)の希釈倍率はどうすればいい?「倍率が低い」方がオススメです![用途別濃度もあり] レジオネラ症対策
スポンサーリンク

プール・浴槽水の次亜塩素酸ナトリウム(以後塩素)の希釈倍率にお困りですか?

プール・浴槽水の塩素管理する上で決めなくてはいけない項目の一つとして
希釈倍率がありますよね。

この塩素の希釈倍率に決まりはありません。

皆さんはどのようにして決めていますか?

  • 「塩素が固まって詰まるんだけど」
  • 「希釈倍率を変えたら頻繁に詰まるんだけど」

私が現場に行ったときによく聞く悩みです。

結論から言いますと

管理人
管理人

塩素は希釈倍率が高い方固まりやすい!

この記事では

・何で希釈倍率が高いと固まりやすいのか

・私おすすめの希釈倍率

を解説していきます!

記事を書いている人(ロカキヤ

  • 水処理業界で14年以上
  • ろ過機器の設計から保守点検まで幅広く
  • 仕事で得た知識をわかりやすく解説

わかりやすくが
モットーです!

 

塩素濃度でよく使われるppmってどんな単位?

 

読み方は(ピーピーエム)でparts per million(パーツ・パー・ミリオン)の略です。

液体に含まれている微量な濃度に使用される単位で

100万分の1という割合です。

1ppm=1mg/L=0.0001%です

塩素濃度計算式や計算フォームは下記リンクにて詳細を説明しています。
参考記事[便利]塩素投入量・中和剤投入量 計算式 計算フォームを公開![時間節約]

塩素の希釈倍率は決まっていない

塩素の希釈倍率に決まりはありません。

管理する方のやりやすい希釈倍率というのがあるからです。

希釈倍率が高い場合と低い場合には以下のようなメリットデメリットがあります。

◇希釈倍率が高い場合のメリットデメリット

メリット 塩素濃度の上昇が緩やかで管理しやすい。
デメリット 薬液タンクへの補充回数が増える。

◆希釈倍率が低い場合のメリットデメリット

メリット 薬液タンクへの補充回数が減る。
デメリット 塩素濃度の上昇が急なため管理が難しい。

という特徴があります。
そのため、管理者の好み・やり方によって変わってくるんですね。

とはいえ、具体的な目安があった方がわかりやすいと思うので私のおすすめを教えます。

管理人
管理人

希釈倍率が低い方をオススメします。

一般的には5~10倍希釈で管理しているところが多く見られます。
普段からスケール化(固形化)がみられていないところだと問題ないのですが

塩素のスケール化(固形化)が顕著な場合は2~3倍にすることをおすすめします。

管理人
管理人

結構効果あります。

塩素の希釈倍率が低い方がオススメな理由

希釈倍率を高くすると塩素がスケール化(固形化)しやすくなってしまうからです。

まず、塩素がスケール化(固形化)する原因を説明します。

塩素を注入する対象の水の水質が大きく関わってきます。

注入対象の水にカルシウムやマグネシウムの成分が多いと塩素と反応してスケール化(固形化)してしまいます。

そのため、塩素を希釈する時の水も同じ成分の水を使用していることが多いため希釈倍率を高くしてしまうとカルシウムやマグネシウムの成分の割合が多くなってしまいます。

このことから、カルシウムやマグネシウムの成分が少ない場合は、塩素のスケール化がしにくいところもあるんですね。

もし現状塩素スケールの固着に悩んでいるのであれば希釈倍率を下げてみてください。

結構効果的ですよ!

ロカキヤ
ロカキヤ

カルシウムやマグネシウムが悪さをする!

まとめ:塩素スケールに困った時は塩素の希釈倍率を低くする

  • 塩素のスケール化の原因は希釈水と注入対象水の水質
  • 塩素スケールの固着で悩んでいる、若しくは心配だという方は
    希釈倍率を低め(2~3倍希釈)に抑えて下さい。

※塩素のスケールを除去する簡単な方法を解説しています。
参考記事 【時短技!使わないと損!】塩素スケールの除去と詰まり解消にはサンポールがオススメ!

[おまけ]用途別塩素濃度

水の消毒の他にも以下の用途でも使用出来ます。

・器具や空間消毒には200ppm

 

・ノロウィルスの嘔吐物消毒には1000ppm

コメント

タイトルとURLをコピーしました