【お風呂・プール】濾過器ヘアキャッチャーの清掃方法と実施の必要性

お風呂・プールの濾過器ヘアキャッチャーの清掃方法と実施の必要性 濾過機
スポンサーリンク

濾過器に絶対に付きもののヘアキャッチャー。

清掃はきちんとしていますか?

  • ヘアキャッチャーの清掃って何?しないといけないの!?
  • ヘアキャッチャーの清掃ってどうやるの?
  • 清掃はしているけど、何でやっているかわからない。
  • ヘアキャッチャーの清掃はどのくらいの頻度でやればいいの?

という方に向けて

ろ過機を取り扱っている会社に14年以上勤めている私が解説します。

記事を書いている人(ロカキヤ

  • 水処理業界で14年以上
  • ろ過機器の設計から保守点検まで幅広く
  • 仕事で得た知識をわかりやすく解説

わかりやすくが
モットーです!

まずは結論から言います

  • ヘアキャッチャーはストレーナという網カゴを清掃しないといけません。
  • 清掃のやり方は下記で解説します。
  • おすすめの清掃道具はシューズブラシです。
  • ヘアキャッチャーの清掃は「機器の保護」と「濾過能力の維持」のために必要です。
  • 清掃頻度は「最低でも週に一回は実施する」

ヘアキャッチャーの役割

まず、ヘアキャッチャーは何を目的にして設置されているかを説明します。

ヘアキャッチャーは濾過循環ポンプの吸い込み側に設置されています。

濾過循環ポンプはインペラ(羽根車)という円盤型のモノを回転させて水を送っています。

プール水中には髪の毛や絆創膏・虫・繊維汚れ等の大き目なゴミが漂っています。

その状態のプール水を直接吸い込んでくると循環ポンプのインペラ(羽根車)に絡みついたり詰まってしまったりして循環能力の低下につながります。

それを防いでくれるのがヘアキャッチャーです。

ヘアキャッチャーは写真のように太い円筒型の入れ物の中にストレーナーという網カゴが入っています。

そのストレーナーで大き目のゴミを捕捉して濾過循環ポンプを保護してあげる役割があります。

管理人
管理人

ポンプを守ってくれる存在です。

ヘアキャッチャーストレーナの清掃方法

ポンプ停止

➁必要に応じて濾過器出入り口のバルブ閉

ヘアキャッチャ上蓋を開ける

中のストレーナを清掃

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: P9040497-1-1024x768.jpg

ヘアキャッチャ上蓋を閉めるときにOリングのズレに注意

⑥上蓋締め付けハンドルは対角で締める

濾過器出入口のバルブ開

ポンプ稼働

タンク圧力値・電流値・水槽吐出を確認

おすすめの清掃道具

色々とブラシを試してきましたが、シューズブラシが一番洗いやすいです。

是非参考にしていただければ!

管理人
管理人

ブラシヘッド部が小さいので小回りがきいていいですよ!

ヘアキャッチャーの清掃頻度

レジオネラ菌対策を考えるのであれば1日1回を目安として実施して下さい。

ただし、遊泳者が多い場合等でストレーナの汚れが多い場合は清掃頻度を増やしてください。

実際に管理していく上でストレーナの汚れ具合を確認しながら判断をして下さい。

清掃の目的は「循環量の確保」「濾過能力の維持」のためということを意識してください。

まとめ

  • ・ヘアキャッチャーを清掃するのは、循環量・濾過能力の維持のため
  • ・清掃頻度は最低でも週に一回は実施する

結構面倒な作業かもしれませんが機器の維持には欠かせないので是非実施してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました