【原因は塩素】ろ過循環浴槽で入浴剤の色が消える原因と対策を解説。

お風呂管理
スポンサーリンク

施設のお風呂に入れた入浴剤の色が薄くなるのは何で・・・?

入浴剤の色が薄くならないようにする方法は無いの?

そのような方に水処理業界で働いて14年以上のロカキヤが説明します。

記事を書いている人(ロカキヤ

  • 水処理業界で14年以上
  • ろ過機器の設計から保守点検まで幅広く
  • 仕事で得た知識をわかりやすく解説

わかりやすくが
モットーです!

せっかくキレイな色の入浴剤を入れたのに時間が経ったら色が薄くなっっちゃったってことありますよね。

この記事を読むとわかること
  • 入浴剤が薄くなる原因
  • 入浴剤が薄くなることの対策法

塩素と入浴剤の関係

入浴剤と塩素は水と油のようなの関係です。

互いに相容れぬところがあります。

塩素を入れている浴槽に入浴剤を入れている場合、投入直後よりも時間経過後に色が薄くなったと感じたことはありませんでしょうか?

これは主に塩素の漂白作用により薄まったと考えられます。

入浴剤が脱色しないように「塩素を入れない」のがダメな理由

それだったら塩素の投入をやめてしまおう!・・・と思っている人はちょっと待ってください!

塩素の重要な役割があります。

塩素は浴槽内・循環ライン・ろ過機等の消毒のため非常に重要なんです。

塩素を入れないと浴槽水内で様々な菌が繁殖してしまいます。

その中でも恐ろしいのがレジオネラ属菌といものです。

レジオネラ属菌に感染してしまうとレジオネラ症肺炎になってしまい最悪は命の危険さえもあります。

そのため塩素は必ず入れなければいけません。

参考記事 【厚生労働省の情報を要点まとめで解説】レジオネラ症・レジオネラ属菌とは

入浴剤の脱色対策法は塩素濃度を上げすぎない

対策として塩素濃度0.4ppmを下回らないように低めに注入調整する。

ただ、0.4ppmギリギリで調整していると一度に多人数の入浴者がいるとすぐに下回ってしまうため注意が必要です。

入浴者の数やその日の天気や気温によっても塩素濃度の消費速度は変わってくるためある程度経験を積まなければいけません。

とはいえ、塩素管理に慣れている方は少ないと思います。

初心者でも簡単正確に管理をする方法があります。

それは自動塩素管理装置と、いうものをつけるという方法です。

下記記事で詳しく書いていますのでよければ参考にしてください。

参考記事 [人件費削減]プール・浴槽は自動塩素管理装置を使って業務を効率化しよう!

他には、単純に薄くなったら入浴剤を追加するという方法があります。

追加する時は入浴直前がベストですね。

ろ過機屋的視点

たまにお客さんから

「ろ過機使っているところに入浴剤って使用してもいいの?」

というお問い合わせがあります。

お問い合わせは砂ろ過機の場合が多いのですが基本は問題ないと回答します。

基本というのは、乳白色に色がつく顔料入りの入浴剤はろ材が詰まりやすくなるためオススメはしません。

また、糸巻のフィルターカートリッジ式のろ過機ではフィルターカートリッジの寿命が短くなることもあるため注意が必要です。

まとめ

  • 入浴剤の色抜けの原因は塩素の脱色効果によるもの
  • 対策方法は塩素濃度が0.4ppmを下回らないように注意して運用
    薄くなったら入浴剤を追加する。

 

【ちょっといい入浴剤】お世話になった人にプレゼント「みんなの肌潤風呂」

お仕事お疲れさまです。

ロカキヤ
ロカキヤ

お世話になった人にちょっといい入浴剤はどうですか?

※業務用ではありませんので注意

コメント

タイトルとURLをコピーしました